子犬の病気の特徴について

子犬の病気を防ぐには

スポンサード リンク

子犬の病気の原因は、寄生虫の回虫によるものが最も多くなっています。

そして回虫は、生後1,2ヶ月の間に駆虫しますが、それ以後も残っていれば、子犬の生命が脅かされます。

ただし繁殖家が子犬を他家に渡す際に、寄生虫の駆除を完全に行っておくため、寄生虫についての心配はいらないはずです。

しかし子犬が元気で何の症状がなくても、一応は便の検査をして、寄生虫の有無を調べておきましょう。

なお子犬を飼う場合、市区役所や町村役場へ登録しなければならなく、保険所から通知があれば、春秋に狂犬病の予防注射をすることになっています。

このページのトップへ
子犬の病気 メニュー
回虫
十二指腸虫
クル病
ジステンパー
リンク集
リンク集1

最終更新日:2012/11/19